どんどん進むのだ


by spoopavu

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今挙げた二つのタイプの男性をさらに細かく分け、彼らがよく口にする口頭や行動パターンから、その裏に隠された。浮気をしてしまった本当の理由を見ていきます。夫の本音を理解するのが難しいのですが、ある手がかりが必ずあります。浮気をする人の本音がわかっていれば、今まで彼はこうに違いないと思っていたことも、あなたの思い込みだったことに気づいたり、自分の気持ちが整理でき、別れるべきかやり直すべきか決断できるようになるかもしれません。


普段は思いやりに溢れ、特に問題のない男性が浮気をしてしまうことがあります。彼らに共通しているのは、浮気に対する罪悪感であり、妻や彼女に本当に申しわけなかった、と思っていることです。しかし、女性の方からすれば、受けた痛手には余りにも大きく、余計に不信感を募らせることがあります。そんなに謝るならなぜを浮気をしたの。本年を行っていないんじゃないのと思うことでしょう

夫が浮気をする時、
夫が浮気をしてしまう前に、リストラや失業、仕事を辞めたくなる出来事があった、仕事上で大きなミスをしたといった、自分の評価が下がってしまうようなトラブルが起きていることがあります。或いは、仕事上で正当に評価がされないと感じていたり、仕事で孤立していたり、思い当たる場合があります。もしかしたら浮気をしてしまう人にはこういう悩みがあったのかもしれません。
浮気興信所
[PR]
by Spoopavu | 2013-09-07 15:33
他の女性を時事的にいいなと思ったとしても、すべての男性が浮気をするわけではありません。お金が欲しくてたまらない人はすべてがコンビニ強盗をしないのと同じように、心で思うことと、それを実際に行動に移すことは、大きく違うのです。
ほとんどの男性は、浮気や不倫が愛する妻や彼女への裏切りであり、社会から背を向けられ、最終的に自分自身をも傷付けてしまう可能性があることは十分に理性で理解しているのです。

しかしその理性が何かのきっかけで失われたり、もともと倫理感が薄かったりするタイプの男性がいます。
私は、浮気をする男性を大きく二つのタイプに分けています。普段は浮気をしないが、何かのキッカケでしてしまうタイプ。日常的に刺激を求めて、浮気を繰り返してしまうタイプ。

どちらのタイプの男性も、多くの浮気や不倫現場を見てきてああ経験から言って、本能だけで理由なく浮気をしているということは、まずありません。物事には必ずそれを引き起こした原因が存在します。浮気も同じです。必ず原因となる出来事があるのです。
[PR]
by Spoopavu | 2013-09-07 15:32
しかし、幾ら夫や彼に理由を尋ねてみても、納得のいく返事を得られた女性はあまりいないようです。たとえ、彼らが本当に申しわけなかった、あれは単なるワキだから。本当に愛しているのは君だけと言ったとしても、その言葉をすぐに信じることは、とてもできないことなのです。

心のやさしい女性ほど、私が悪かったかもしれない、と自分を責め、自信を失ってしまいます。しかし、浮気の原因は、どちらか一方だけにあるものではありません。彼やあなたがもともと持っているし、心の弱さ、2人の心の距離、外の世界からやってくる様々なトラブルの種、これらが複雑に絡み合って起こるのです。


心を痛めている女性に、まず次のようなお話をした方が良いでしょう。それは、すべての男性が浮気や不倫をするわけではないということです。夫や彼の浮気がわかると、男はみんな浮気をするものだ。男なんて信じられない。と考えてしまいがちです。あの後の気持ちはとてもよくわかりますが、そんなことは決してありません。
当たり前のことですが、人間には倫理感というものがあります。
[PR]
by Spoopavu | 2013-09-07 15:27
私が余りにも憔悴しきっているのを見た主人が間に入ってくれて、すったもんだの挙げ句にやり直すことになりました。
若い彼女より私を選んでくれたことには、素直に喜びを感じます。でも、どうしても誤解彼女と自分を比べてしまい、そのたびに落ち込んでしまうのです。

30代の彼女と40代のおだしとでは、どちらが主人にとって魅力的かは言うまでもないことです。あの時も絶対、私と彼女を比べているはずだと胸が苦しくなって泣き出したくなります。

今も、何かにつけて私なんでと自分を卑下してしまいます。主人は優しくしてくれますが、自分の存在が無駄なように思えて、毎日嫌な状態が続いています。


なぜ夫は浮気をしたんだろう。思いがけなく夫や彼の浮気をした時、或いは浮気をしているかもしれない、という予感が的中してしまった時、まず浮かんでくるのがこの思いではないでしょうか。

悲しさ、原田だしたとともに、この思いは頭の中をグルグルと駆けめぐります。

浮気相手のところに惹かれたのか、自分の何がいけなかったのか。
[PR]
by Spoopavu | 2013-09-07 15:25